令和の印象

令和(れいわ)という響きを聞いていると

霊とか零などを連想するので
スピリチュアル的な要素を感じる元号でもあります。

令嬢などの高貴な感じもあるし
法令などの規律を重んじる感じもあるし

冷だと冷えている・・・氷河期みたいな感じもあります。

他の候補もテレビで紹介していましたが
やはり「令和」が一番斬新ですね。

規律を重んじたうえでの平和?みたいな
条件付きの世の中を強いているような気もします。

和は昭和を連想させるので
昭和の良いとこ取りみたいになってくれると嬉しいのですが

タロット占い師さんの動画で令和の時代を占っていましたが
最後のカードは見せてくれませんでした。

タロットは当たったりするのでコワイですからね。

私もカードを引いてみましたが
78枚のカードを使って、13死神(逆位置)が出ました。

死神のカードは少し読みにくいのですが
13の画数が一致したという偶然も気になりますが
はっきりしないような停滞感のあるカードですね。





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック