風水 ファッション

風水での洋服やバッグの色について。

斎藤一人さんは健康食品で長者番付に載った成功者の方です。
その人の著書の中にあったのですが

お金に困っている人の傾向として
冬になると、寒そうな格好をしている人。薄着ってことなのかな。
雑巾みたいな、くすんだ色を着ている人。
茶色、ベージュ、グレー。

自分の上手くいかなかった過去を振り返ってみました。
確かに・・・確かに、その傾向はあります!!

ダメな結果で終わった職場にいた頃
グレーのタートルネックとか、くすんだベージュのコートとか
機能的には問題がなかったので、よく着ていました。
若い頃は、よく茶色を好んで着てましたが
当時お付き合いしていた人に注意されて
明るめで、控えめ(それがいけなかった・・)な色として
ベージュ系が多くなっていました。
服を整理してみると、ハッキリした色を避けていたのが
よ~く分かります。

茶色のジャケットで会社の面接に行ったとき
「うちのビルの壁の色が嫌なんだ。
こういう色着ている人って、性格が暗いんじゃないかと思うんだ」
面接官から遠まわしに言われたことがあります

ベージュはね・・・振り回される色です。
自分の思い通りにならずに、軽く扱われてナメられる色でした。

グレーは、意外に悪目立ちします。
既婚者の子育て中のママとか、男性に付き添っている若い女性とか。
ちょっと、不思議な気持ちで見ています。

昔テレビで、旦那様が弁護士で、セレブな専業主婦の奥様が
高いお洋服を値段を見ないで、何着も選んでいる光景がありました。
ほとんどグレー系を選んでいるんです。
ある男性曰く「自分の居場所がない。自分の存在がないんだよ」
旦那さんはバリバリ稼いでいるけれど
金銭感覚がマヒした奥様は、淡々としていて生気がなく
肩身が狭いのが露見したような光景でした。

視覚的にも、運気的にも、赤、黄色とか、ハッキリ目立つ色って
コーディネートにもよりますが、あまり悪い印象がないです。
また、黒、紫などの濃い目の色のほうが、ベージュよりは良いです。
これは、個人差もあって、人によってラッキカラーは違うと思います。

色でも自己主張しないと、存在じたいも軽んじられることは、確かなようです。
また、安価でも光物を身に着けると良いとのことです。

見た目が派手な人が、控えめな色だったらバランス取れてるけど
私の場合は、ハッキリした色を着たほうが運気が上がるようです。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック